整然とした静かな街並みが魅力的な桜新町

知られざる住みやすい街、桜新町

桜新町という街が東京にはあります。
東急田園都市線の通る街なのですが、三軒茶屋や二子玉川などと比べるとあまり知名度がなく、地味なイメージが強いです。
実はサザエさんの舞台となっているのがこの桜新町であり、とても住みやすい環境が整っています。

静かな街であり、落ち着いた暮らしを満喫できるでしょう。
特に女性が住みやすい桜新町について、その魅力を紹介します。

桜新町の魅力

桜新町は日本で初めて宅地分譲の行われた街です。
当時は100坪以上の大きな区画で分譲されたため、今でも道路は広く、街並みはキレイに整っています。
交通量は少なくて、子供たちは安心して外を歩けます。

街全体が静かで穏やかな雰囲気の中にあり、そのような環境を求める方にはピッタリです。
桜新町のシンボルといえばサザエさんであり、長谷川町子美術館があります。
街中にはサザエさんのキャラクターの絵があり、駅の前にはサザエさん通りがあります。

駅のすぐ近くには桜新町商店街があり、240軒もの商店が建ち並びます。
昔から地域に根付いている商店街であり、40年以上もの歴史を誇るお店もあります。
漫画に出てくるようなお店もあり、とても元気がありいつも賑わっています。

大型店はないのですが、個人店がたくさん存在しており、人とのコミュニケーションを楽しみながら買い物できます。
住宅街の中にもレストランやパン屋さん、酒屋さんといったお店があります。
地名にもあるように、駅の周辺は桜の名所として有名であり、春には満開の桜が咲き誇ります。

世田谷区立教育センターにはプラネタリウムや図書館があり、とても快適に利用できます。
桜の名所であり、乗馬を楽しめる馬事公苑もあります。
馬事公苑の前ではフリーマーケットやその他イベントが開催されることが多いです。

夜間まで開いているお店は少ないため、夜はとても静かな環境となり治安は良いです。
賃貸物件はマンションが中心であり、単身者向けの物件や家族向けの物件が揃っています。

桜を楽しみたいならば呑川がおすすめです。
ソメイヨシノがたくさん植えられており、季節には地元の人達が多く桜を見に集まります。
キレイな川であり、遊歩道が設置されています。

自然が豊かな地域であり、砧公園は広い敷地の中に豊富な緑が存在しています。
家族連れで訪れる方や、小学校の遠足で利用されることも多いです。
砧公園の隣には世田谷美術館があります。

美術展示だけではなくて、講演会やコンサートが行われることもあります。
都会のオアシスとして地元住民に親しまれています。

このように桜新町には魅力的なスポットがたくさんあり、生活しやすい要素が整っています。
女性の方で住む街を選ぶのに迷っている方にとてもおすすめできます。