庶民的で住みやすい北千住

歴史のある街、北千住

北千住は足立区にある北千住駅を中心としたエリアのことです。
かつては宿場町として栄えていた場所であり、その頃からの歴史の古い街です。
現在は再開発が行われたことによって、大きな発展を遂げています。

北千住といえばあまり良いイメージを持っていない人や、駅の乗り換えで利用するという人がほとんどなのですが、実はとても暮らしやすくて魅力のある街なのです。
北千住にどのような魅力があるのか紹介しましょう。

北千住の魅力

北千住は21世紀に入ってから大きな発展を遂げました。
特に平成15年には半蔵門線と伊勢崎線が乗り入れて、平成16年には駅ビルや劇場がオープンし、平成17年にはつくばエクスプレスが開業しました。
これらの影響によって、駅前の雰囲気が大きく変化して、たくさんの人が集まるようになりました。

特に北千住駅は都内でも有数のターミナル駅となり、都内ではトップ10に入るほどの乗降客数となっています。
都心へのアクセスに便利であり、快適に電車を利用できます。
特に日比谷線や半蔵門線、千代田線は便利であり、通勤には最適な路線です。

駅前には大きな百貨店があり、たくさんの専門店が入っているためショッピングを楽しめます。
遠方からも買い物客が訪れるようになっており、駅前は終日多くの人で賑わっています。
新しいお店ばかりではなく、昔ながらの商店も多数残っています。

特にサンロード商店街はかつての雰囲気が現在でも残っており、のどかで庶民的な趣を感じることができます。
北千住には銭湯がたくさんあり、昔懐かしい煙突の姿も見られます。
蔵もたくさん残っており、ギャラリーや喫茶店などに利用されています。

居酒屋が多いため、夜はたくさんのお客さんが楽しくお酒を飲んでいます。
大きな商店街だけではなく、小さな商店街もいくつか点在しているため、近場の商店で気軽に買い物を済ませられます。

このように生活に便利なスポットがたくさんあるだけではなく、自然が豊かな街でもあります。
北千住駅のすぐ近くには荒川が流れています。
ジョギングや犬の散歩などを楽しんでいる人が多く、日頃のストレスをスッキリと解消できるでしょう。

荒川の近くには中央図書館があり、気軽に利用できます。
大きな公園はないのですが、荒川土手があるため、市民の憩いの場として活用されています。
また、荒川といえば昔金八先生シリーズのロケ地として活用された場所であり、今でもファンが訪れることが多いようです。

このように北千住には色々な魅力があるため、興味のある方はぜひとも訪れてみましょう。
北千住の街が居心地が良いと感じたのであれば、ここで生活することを考えてみてください。
女性でも住みやすい街であり、後悔しません。